水のトラブルで蛇口の交換する際の注意点

水のトラブルで比較的多いのが蛇口の水漏れではないでしょうか。キッチンや洗面台、お風呂場など毎日使うからこそ劣化が原因で起こる場合があります。その際に、ねじの緩みを締めるだけで解決する場合もあれば、パッキンなどの部品交換で済む場合もあります。
しかし中には、部品の交換などの対処では済まない場合もあり、蛇口 交換が必要になる場合もあります。こちらでは、特に蛇口 交換について紹介します。いざ蛇口のトラブルが起きたときのために参考にしてください。

■蛇口の交換は自分でできるのか

今ではホームセンターなどでも自分で取りつけることができるように、工具などもたくさん販売されています。そのため、慣れた方ならば自分で交換する人も多くいます。しかし、注意が必要な場合があります。自分で交換するにはメリット、デメリットが存在します。
メリットは費用を抑えることができ、いつでも自由にできるということです。商品代だけで済み、自分の時間で交換作業できるというところは大きなメリットです。反対にデメリットは、しっかりと商品の型を調べる必要があるということ、万が一うまくいかなかった場合には業者に依頼が必要となり余計に費用がかさむということです。それぞれに蛇口の型が違い、使用年数などにも左右されます。そのため事前の情報収集が必要になります。業者に依頼すると費用は多少かさむものの、リスクは最小限に減らすことができます。

■知っておくと便利な蛇口の種類

水のトラブルが生じ、蛇口の交換を行う際に種類を知っておくと情報収集がしやすくなります。また、自分で交換する際にも役立ちます。種類は大きく3つに分けられます。
一つ目は天板の穴が1つのワンホールタイプです。二つ目は、横長の土台とともに取り付けられているツーホールタイプで、お湯と水の蛇口が二つあるタイプに多い形です。三つ目は、壁に取り付けられている壁付きタイプです。このように大きく分けて3つのタイプがあり、これによって交換の方法や費用なども変わってきます。自宅の物がどのタイプなのかを知っておくだけでも、いざという時に助かります。

■まとめ
蛇口の種類は3つに分類されており、実際に自分で作業を行う際にはメリットだけでなくデメリットもあります。今では自分でも交換できるような工具などもたくさんあり、交換方法などの情報も簡単に手に入ります。しかし、中にはプロにお任せした方が確実にコストを抑えて行える場合もあります。知識のない方や不安だと感じる方は、業者に依頼すると適切な処置をしてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ