水のトラブルで多いお風呂のお湯が出なくなる原因

日常的に当たり前のように使っているお湯ですが、水のトラブルの中に、急に出なくなるというトラブルがあります。お湯が出ないと生活に支障をきたします。
特に冬場に起こってしまうととても困ります。水は家の中のさまざまな場所で使うからこそ、原因はいくつかあります。原因は、ガス、水道、給湯器の故障やトラブルなどが挙げられます。それぞれの原因の見つけ方について紹介します。

■ガス、給湯器に異常がある場合

お風呂でお湯が使用できなくなった際に確認するべきことは、他の場所でもお湯が出ないのかということです。ガスや給湯器に異常がある場合には、すべての水回りでお湯の使用ができなくなります。キッチンや洗面台でも確認が必要です。
他の場所でも水は出るが、お湯が出ない場合にはガス、給湯器のトラブルを疑っていいでしょう。そしてガス漏れの臭いなどはないかを確認します。給湯器の場合にはスイッチが入っているか、設定温度が低くなっていないかを確認します。
中には、給湯器の電源を入れ直しただけで改善するケースもあります。給湯器にも寿命があり、約10年と言われています。使用年数なども念頭にいれて判断しましょう。

■水道が原因の場合

お風呂場だけお湯が出ない場合、水道が原因で起こる際の特徴は、水もお湯も出ないことが挙げられます。キッチンなどで蛇口をひねった際に使用できるようであれば、お風呂場の混合水栓での水のトラブルが考えられます。他の場所でもお湯と水の両方が出ないのであれば、その際は止水栓が閉まっていないか、地域で断水などがないかを確認します。
特に冬場のトラブルで多いのは凍結です。給湯器内や水道管の凍結が原因で使用できなくなることがあります。寒い地域では凍結防止機能がついていることが多いのですが、比較的暖かい地域ではない場合もあり、急に気温が下がってしまうと凍ってしまいます。
混合水栓が原因だと考えられるなら、業者へ依頼しましょう。凍結なら、給湯器の電源を切り、溶けるのを待ちます。

■まとめ
ガスが原因であればガス漏れしている可能性、水道が原因であれば水漏れの可能性も考えられます。そのままにしておくとガス漏れや水漏れなどの被害につながりかねません。被害を拡大させないためにも慌てずに原因を確認していくことがとても大切です。
自分で判断できないときや、修理が必要だと思ったら、すぐに水道工事業者に依頼をしましょう。すぐに駆けつけて適切な処置をしてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ