水のトラブルを最小限に抑えるためには

水のトラブルを最小限に抑えるためには 日常の生活の中で欠かすことができないのが水回りです。トイレ、キッチンを中心とする水回りは生活と密接だからこそ、水のトラブルが発生するととても困ります。トラブルの多くは水漏れです。最初はポタポタとしていた水漏れが放っておくとひどくなってしまい、床が水浸しになってしまうこともあります。
そんな水漏れなどのトラブルが起きてしまった際にはすぐに業者への依頼をおすすめします。トラブルの起きている原因や箇所によっては簡単な修理では済まない場合もあります。水回りのトラブル起きたときに参考になる情報をお伝えします。

■水のトラブルは業者に依頼

水道のゴムパッキンの交換や修理、蛇口の交換などホームセンターで購入できるものもたくさんあり、自分で修理、交換ができるようになりました。しかし、自分で行うリスクもあります。業者へ依頼することによって、知識を持った専門家が迅速かつ正確に修理、交換してくれます。また、部品の交換や取り付けの際の購入ミスが少なく済みます。自分で行うことによって起こるミスや修理後の異常をなくすことができます。
多少の金額はかかるものの、毎日使用する水回りだからこそ安心して使用できるように業者へ依頼することをおすすめします。

水のトラブルは複雑で原因が複数ある場合がある
水回りのトラブルは、原因が一つでない場合も多くあります。水漏れの場合でも排水管や部品の劣化、給湯器のトラブルなど原因が複雑な場合があります。特にお湯が出なくなるトラブルは、原因が水道、ガス、給湯器の3つにあり、どこが原因なのか素人では特定しにくいケースがあります。
ガスの故障が原因のときにはガス漏れなどの二次被害が起こる可能性もあります。集合住宅での水漏れは自分の部屋だけでなく下の階にも影響を及ぼすこともあります。水回りのトラブルの原因は目で見える場所の破損ならばわかりやすいですが、排水管や目に見えない箇所の破損だと自分では確認できず気づかないことも多くあります。だからこそ異常を感じたときには放っておかず業者へ点検の依頼をする必要があります。

■水回りの定期的な点検を忘れずに

水回りは家の中で欠かせない場所の1つです。毎日何度も使用する場所だからこそ汚れやすく、部品の劣化も起こりやすい場所です。見た目は一見綺麗に見えても、中の排水管の汚れや目に見えない部分での劣化も多いのが水回りです。見た目では判断できないからこそ定期的な点検が必要です。定期的な点検をすることによって、故障やトラブルが小さいうちに費用を抑えて修理、交換することができます。
水回りの寿命は10年から25年と言われていますが、使用頻度が高いからこそ、寿命年数未満でも補修や修理が必要な場合も多くあります。日々の汚れや劣化を早く見つけて対処することによって、綺麗な状態を長く保つことにつながります。
実際にトラブルが起きてからでは簡単な修理では済まず、交換するとなると修理代が高く時間もかかってしまうこともあります。だからこそ、1年に1度を目安に水回りの点検をすることによって安全に使用することができます。

■まとめ
家庭の中で水のトラブルは生活に大きなダメージを与えます。原因は複雑に絡まり、特定できない場合もあります。自分の目で確認できるトラブルは解決できることもありますが、実際に目で確認できない箇所でのトラブルは業者へ依頼し、確認してもらうことが一番安心です。
実際にトラブルになる前に業者に定期点検をしてもらうことで、トラブルを最小限に抑えることができます。特に集合住宅での水のトラブルは他の階の住人に被害が及ぶ可能性もあります。安心して毎日使うためにも定期点検はしっかりしてもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース